占いの種類:タロット占い

占いの種類:タロット占い


タロットとは、東洋の易と同じようにシンボルを表示した
タロットカードを組み合わせて、
目に見えない世界と交流し、運命を占う技術です。
タロットは22枚のカードからなる大アルカナと、56枚の
小アルカナの計78枚のシンボルカードからなり、目に見えない
世界での出来事や、未来や過去を予測できるとされます。
 
大アルカナ
 大アルカナのタロットカードは1の「魔術師」から21の「世界」、
0の「愚者」の22枚のカードで構成されています。
タロット占いをしていく上では基本のカードになります。
この大アルカナ22枚のタロットカードだけでも十分タロット占いが
出来るほど大切なものになります。
 この大アルカナのタロットカードは人の人生の一連の流れを表すものとされ、全体的な状況や運勢が絡んでくることを表しています。

小アルカナ
 小アルカナの各スート(ワンド、カップなど)は1〜10までの10枚のカードと、「王」「女王」「騎士」「王子」の4枚のカードの合計14枚で
構成されています。ワンドのカードは、人間関係や環境、日々の生活など
を表すカードになります。
また、カップのカードは人間の心理状況や感情を表し、ソードのカードは
問題や障害、苦労や失敗を表します。
ペンタクルのカードは仕事や経済状況、技術や才能を表すカードになります。
 
タロットの使い方

タロットの使い方には様々な技法がありますが、正しいやり方と
いうのはありません。自分に一番あったやり方を選択するほうが
よいようです。
タロットというのは、内なる心の世界と交流する技術ですから、
色んな方法を試してみて最も扱いやすいと思える技法がベストです。
当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。